新・さまよえる蒼いHIGUCHI

声の俳優/樋口あかりの、血管が沸騰するようなしないような日々についてのブログ。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 仕事関連

Trackback (0)

みため だいじに

今日は隣のスタジオで、
アニメのオーディションが行われていました。

さすが、そこに集うみなさんはカワイイ。
そしてこの極寒の中、ミニスカート率が高い。
それも普通のミニじゃない。
もうおパンツ見えてるよね的なレベルです。
そう、ムーンプリズムパワー的なミニです。
残念ながらタイツ履いてたけどね。
あ、レギンスって言うんだっけか。



しかしみなさん、
自分に似合う服とかものすご〜〜く研究されているんでしょうね。
私に一番足らないところだわ...。
だからオーディション通らないのか私!?(笑)


声優のオーディションとはいえどもね。
やっぱり「見た目」って、ものすごく大事なんですよ。
声とか芝居だけがどれだけ良くてもね、
現実はそれだけじゃぁいけないんです。

「見た目」「気合」でしょうかね。

自分の受けるキャラとなるだけ見た目もシンクロさせて、
「この役は自分だろう!!!」的な勢いを持って挑むのが好ましい。

...のではないかと、思います。

なので、オーディション時の作戦は、

< みため だいじに >



でもね、結局は明確な答えがないんですよね。
これは実際の仕事(芝居)でも同じですね。
芝居に正確な答えはない。
でも、相手(クライアントさんであったりディレクターさんであったり)が求めるものに、的確に応える。

芝居をすること自体よりも、
相手が求めるものを素早く察知し、可及的速やかにアウトプットする。
これが、一番難しい部分だと私は思います。



拍手コメント返信
「馬医」第29話で、私の役(明聖王妃)は喋らなかったのに、
私の名前はちゃんとクレジットされていたのですが?という件ですが。

実はこの29話では、王妃のセリフは息だけだったんですねぇ(笑)
そして、他に兼役はありませんでした。

はい、息だけです(どーん)

でもね、その後のどこかの回で、
兼役をやっているシーンがちょこっとだけ出てきます。
耳をこらしてみてください。

スポンサーサイト


プロフィール

樋口あかり

Author:樋口あかり
【 声の俳優(フリーランス)】

ボイス&ソウルマスクを付け替え、様々な役を演じる。

【主な出演作品】

・ゲーム「バイオハザード7」
 ミア役

・ゲーム「FINAL FANTASY XV」
 サニア役

・アニメ「夏目友人帳」
 瓜姫役

・海外ドラマ「スーパーガール」
 アレックス役

・海外ドラマ「コバート・アフェア」
 アニー役

・韓国ドラマ「イニョプの道」
 イニョプ役

・地球ドラマチック
 ボイスオーバー

・BS世界のドキュメンタリー
 ナレーション or ボイスオーバー

・PARCO(全国)
 エスカレーターナレーション

・東京ディズニーリゾート
(ハピネスライナー)
 レストルームナレーション

その他多数〜

最新トラックバック
アクセス
アクセスカウンター
検索フォーム
コラム・声優への道
樋口が通った声優養成所での奮闘記です。※全文読むにはfacebookアプリ「STORYS.JP」に登録が必要です(・∀・)
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272802 2014
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。