新・さまよえる蒼いHIGUCHI

声の俳優/樋口あかりの、血管が沸騰するようなしないような日々についてのブログ。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: コラム

Trackback (0)

クレジットカードに物申したい/第3話

クレジット申請時に、職業(勤務先)を変えてみたらどうか?

という、おじさんからの提案を受けたわけですが。
当時はバイトをしていなかった為、変更のしようもなく。
しかも一旦審査に落ちると、その情報が半年間、信用機関に残ってしまう為、
半年経つまでは、新たに申請してもまた落ちてしまうんですね!( ´゚д゚`;)
(※ 落ちてすぐまた他のカードを申請してまた落ちて...なんてのを繰り返しますと、印象がかなり悪くなるので辞めたほうがいいとのこと)

なんにしても、半年間はなんにもできないわけだ...。

非常に悔しかったです。

最初、私がクレジットカードを持とうと思ったのは、
単にネットでの買い物をスムーズにしたいと思ったのがキッカケでした。
クレジット払いにしか対応していない商品もたくさんあります。
カードを持っていないために、欲しい商品を諦めたことが何度もありました。
(それに、クレジット払いだと代引き手数料がかかりません)


そんな、なんでもない理由がきっかけで闘い始めた←わけですが、
いつのまにか目的が「信用を勝ち取る」に変わっちゃってたんですよね(笑)

い っ た い 誰 の 信 用 が ほ し い ん だ ?

と。

要は「社会的信用」ですね。


別にどうだっていいジャナイそんなもん!!
自分さえしっかりしてれば!!ヽ(`Д´#)ノ

とか思ったりもするのですが、
やはりというか、どうせというか、
この世の中『目に見える信用』ってのが大事なんだなぁと、痛感したわけであります。
一般社会に打ちのめされた感がありましたね...。
本当に悔しかった(´Д⊂ヽ





それからどれくらい経ったでしょうか。
結局、半年待つ間にアホらしくなり、闘争心はフェードアウト(笑)
別に今まで通り、その都度現金を引き出せばいいことジャナイ(面倒臭いけど)と思って、いつもどおりの買い方をしておりました。

しかしその数年後。
色々ありまして(←ここを語ると2時間くらいかかるww)またバイトを始めることになり、ある時、ついにバイト先の情報を使って、再びクレジット申請をしてみることにしたのです。

結果は見事合格!
(やはり声優事務所は勤務先としては通用しないことが、これで明らかになりました)

一応、なんだかんだ言いながらもリサーチだけはコツコツしていたんです。

・どこのカード会社が取得しやすいか
・カードのランク
・どのカードがポイントを貯めやすいか
・有名カードを年会費無料で持つ裏ワザ etc...

各カード会社の色んな情報(憶測も含め)を片っ端から収集し、
そこにCICで得た情報を合わせて、やっとのことでゲットできたわけです。

ちなみに、カード会社からバイト先に電話がかかってきました。
樋口さんほんとにいますか?って。
どんだけ怪しまれているんだアタシ、と。
てゆーかいいかげんにしろ、と。

もし、私がごく普通に大手の会社等で働いていれば、
きっとクレジットヒストリーが全然なくても審査は比較的すんなり通ったことでしょう。
しかし、ちょっと人と違う仕事をしているというだけでこんなにも信用度が低いとは。
というか、カード会社のごく勝手な基準で、個人の信用度が決められているわけです。
この状況、どうなんだと。
カードを利用するようになった今でも、その思いは残ります。

「いつもニコニコ現金払い」ばかりでは信用されないとか、
そんな世の中ってどうなんだと。

クレジットカード会社に、というか社会全体に、
私は物申したいわけであります。
ということで、正しいタイトルは

『日本社会に物申したい』ですかね。←www


信用ってナンジャラホイ(-_-)


※ちなみに私の同業友達は、声優事務所を勤務先として申請しても普通にゲットできています。
この事実を見ますと、審査基準についてはやっぱりよく分からない( ´゚д゚`)という結論になりますネ。




拍手コメント御礼

始めてコメントをくださった方、ありがとうございます(・∀・)
STORYS.JPのコラムも読んでくださったとのことm(_ _)m

さて、そのコラムについての質問を頂いたので、こちらでお応えします。

「勝田声優学院にいた元卒業生の講師というのは、もしや森川智之さんですか?」

という問いについてですが、
これはですね、森川さんではありません。
今はもうお辞めになっている方なのでお名前は控えさせて頂きますが、
それはもう厳しい方でした(笑)

森川さんは優しいと思いますよ。
多分。←授業を受けたことがないので分かりませんが




スポンサーサイト


プロフィール

樋口あかり

Author:樋口あかり
【 声の俳優(フリーランス)】

ボイス&ソウルマスクを付け替え、様々な役を演じる。

【主な出演作品】

・ゲーム「バイオハザード7」
 ミア役

・ゲーム「FINAL FANTASY XV」
 サニア役

・アニメ「夏目友人帳」
 瓜姫役

・海外ドラマ「スーパーガール」
 アレックス役

・海外ドラマ「コバート・アフェア」
 アニー役

・韓国ドラマ「イニョプの道」
 イニョプ役

・地球ドラマチック
 ボイスオーバー

・BS世界のドキュメンタリー
 ナレーション or ボイスオーバー

・PARCO(全国)
 エスカレーターナレーション

・東京ディズニーリゾート
(ハピネスライナー)
 レストルームナレーション

その他多数〜

最新トラックバック
アクセス
アクセスカウンター
検索フォーム
コラム・声優への道
樋口が通った声優養成所での奮闘記です。※全文読むにはfacebookアプリ「STORYS.JP」に登録が必要です(・∀・)
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272802 2014
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。