新・さまよえる蒼いHIGUCHI

声の俳優/樋口あかりの、血管が沸騰するようなしないような日々についてのブログ。

Category: 雑談

Trackback (0)

更新すればいいというものでもない。

つい先日、とある番組の打ち上げ旅行に行ってきました。
群馬の山奥、法師温泉・長寿館です。
(テルマエ・ロマエのロケ地にもなりましたね)

それはもう年季の入った建物で、しかも私達が泊まった部屋というのがですね、
その昔、あの与謝野晶子が滞在した部屋だったのです。
彼女が宿に到着した当時の写真(白黒)が、廊下に飾られていました。
宿までの険しい山道を、なんと籠に乗ってやってきていたようです。
お供の者達をぞろぞろ連れて。
籠屋もお供もたまったもんじゃないですよね。
何十年も後になって、こんなところで(しかも縁もゆかりもない者達に)同情されることになろうとは、
籠屋の人たちは思いもしなかったでしょう。



さてこの法師温泉。
避暑地と言われるだけあって、非常に涼しかった!
川が流れている側に行くと、ひんやり気持ちいい空気が常に漂っていました。
それに、余計な音が一切聞こえてこない。

都内におりますと絶対、テレビ音声やらどこぞの店からBGMやナレーションが聞こえてきたりするんですが、
それらが全くない!゚+.(◕ฺ ω◕ฺ )゚+.
おかげで本格的にリフレッシュできました。


音を断つというのは、普段はなかなかできません。
何かしら、強制的に耳に入ってきてしまいます。
なので、どうしても仕事脳が働いてしまうんですよね。

「あ、今のイントネーションちょいおかしかった」とか、
「この人これでいくら貰ってんだろ」(←)とか
「この声、誰それによく似てるなぁ」とかetc... 。

否が応でも意識してしまうんです。
それらを自分でシャットアウトするって、かなり難しいんですよね。
それこそお坊さんレベルで瞑想できないと無理なんじゃないかと。


そういえば昔、私の先輩も言っていました。
完全休養を取りたい時は、テレビもラジオも何もない、音のない場所へ行くんだと。
当時はただ「へー( ´_ゝ`)」とか思って聞いていましたが、
今回の旅では、それをしみじみと実感できたのでありました。


広告が出るのが嫌だからと、半ばムリクリ更新しましたが、
もっと面白い記事書きたいわー。
でも炎上したら困るしね。(←これいつも言ってる気がする)

言いたいことが言えない、書きたいことが書けない、
そんな封鎖的な今の世の中。
そんな世の中について思うことを、
本当は書きたかったりするんだけれどもですよ。
けれどもですよ、与謝野先生。






Newer Entryただいま。 Older Entry見えない主役。それが声優?
プロフィール

樋口あかり

Author:樋口あかり
【 声の俳優(フリーランス)】

ボイス&ソウルマスクを付け替え、様々な役を演じる。

【主な出演作品】

・ゲーム「バイオハザード7」
 ミア役

・ゲーム「FINAL FANTASY XV」
 サニア役

・アニメ「夏目友人帳」
 瓜姫役

・海外ドラマ「スーパーガール」
 アレックス役

・海外ドラマ「コバート・アフェア」
 アニー役

・韓国ドラマ「イニョプの道」
 イニョプ役

・地球ドラマチック
 ボイスオーバー

・BS世界のドキュメンタリー
 ナレーション or ボイスオーバー

・PARCO(全国)
 エスカレーターナレーション

・東京ディズニーリゾート
(ハピネスライナー)
 レストルームナレーション

その他多数〜

最新トラックバック
アクセス
アクセスカウンター
検索フォーム
コラム・声優への道
樋口が通った声優養成所での奮闘記です。※全文読むにはfacebookアプリ「STORYS.JP」に登録が必要です(・∀・)
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 2017